在宅診療について
Home healthcare

在宅医療とは

⾃宅からの通院が難しくなった⽅々や、施設に⼊居された⽅々に対し、住み慣れた場所で患者様らしく、安⼼で安定した療養⽣活を送ることができるよう医療の側⾯からサポートします。在宅医療では基本的に⽉2 回の定期診療を⾏います。継続的な医学管理により患者様の状態変化を的確にとらえることが可能となり、さらに、医師の他、地域のケアマネージャー、訪問看護ステーション、薬局、訪問介護ステーション、そして他の医療機関・介護事業所等と連携し、24 時間365 ⽇の医学管理体制を患者様の⽣活の場を中⼼にして構築していきます。

在宅医療の対象となる方

医学的な管理
在宅・施設での訪問診療による医学的管理を希望したい
外来通院が困難
今のところは外来通院できているが徐々に困難になってきている
退院後の通院が困難
病院から退院の許可は出ているが退院後の通院が困難である
自宅・施設療養
住み慣れたところで最期を過ごしたい

在宅で受けられる医療

医療処置
胃瘻、気管チューブ、在宅酸素療法、在宅人工呼吸器、在宅自己注射、褥瘡、人工肛門、人工膀胱、
中心静脈栄養(IVH)、各種ドレーン、各種カテーテル 等
対応疾患
認知症、神経難病、悪性腫瘍、脳梗塞後遺症、各種特定疾患、上記疾患の進行に伴う緩和ケア、
ターミナルケア、廃用症候群 等
検  査
血液検査、尿検査、各種培養検査、心電図検査、超音波検査 等